大切にしたい視点

つまらない嘘は信用を失うけど、おもしろい嘘は信用を失わない。

どうも、田中新吾(@Shingo_tna)です。

巷ではタナシンとも呼ばれています。

昨日のことですがこんなツイートをしました。

今日はこのことについて少し書きたいと思います。

つまらない嘘は信用を失う

どこの会社の誰がとはここでは言いませんが、昨日「つまらない嘘」をつかれました。

真実を知っていたからこそ嘘と分かってしまったのですが、一通り説明を受けた後、本当に残念な気持ちになりました。

嘘だと分かっても見て見ぬ振りをすれば気にならないという人もいるかもしれませんが、それは自分を欺いていることになるので僕は絶対にしたくありません。

嘘と分かると残念な気持ちになるだけでなく、その人に対しての信用度が急落します。一度失った信用は取り戻すことが難しいとはよく言われますが、例に漏れず今回説明をしてくれた方への信用が僕の中で二度と戻ることはないと思います。

僕は確信がないことや、本当かどうか分からないことは言わない方がいいと考えています。あるいは伝え方に十分に気をつけた方がいいと思っています。

人の振り見て我が振り直せではありませんが、今回の件で「つまらない嘘」は絶対につきたくないと思う気持ちが更に強くなりました。

おもしろい嘘は信用を失わない

この一方、この世の中には「おもしろい嘘」というのがあって、同じ嘘でもこちらは信用を失わないという不思議なことがあります。

身近なところでパッと思いつくのが4月1日のエイプリルフールでしょう。この日は「いかにおもしろい嘘をつくか」といった価値観で世の中が動く稀少な一日です。

2018年のエイプリルフールネタで印象にある面白かったネタはマクドナルドのこれ。

一瞬でもエクスカリバーを抜いてみたいと思った自分がいました。

結局これは嘘なんですが、この嘘のせいでマクドナルドの信用が落ちたかというとそういうわけではありません。むしろ「おもしろい嘘をつくなあ」という信用がついた気がします。

そういえば、以前ブラタモリの中で、北海道の美瑛に行った際にタモリさんがこんなことを言ってました。

「美瑛の由来はアイヌ語で丘の上っていうんです。嘘です。アハハ面白いでしょ。嘘はおもしろい方がいんです。」

これを聞いたときはつい膝を打ってしまいました。

タモリさんが「嘘はおもしろい方がいいんです」と言った背景を知るわけもありませんが、きっとつまらない嘘の意味を知っているからこその発言だったのではと想像します。

人を欺こうとするか、楽しませようとするかの違い

このように考えた後、二つの嘘を並べて考えてみると見えてくるものがあるなと思いました。それは、そもそも嘘を付く相手に対しての心持ちが全然違うということです。

「つまらない嘘」は人を欺きたいという気持ちの中から生まれる嘘であることに対して、「おもしろい嘘」は人を楽しませたいという気持ちの中から生まれる嘘だと思うんです。

だからこそ、前者はそれが分かれば信用を失うのは当然のことだし、後者に関してはそれが分かったとしても信用を失わないのだと思うんです。

ちなみに「つまらない嘘」はその人がつきたくて付いている方が少なく、その人が身を置いている環境や、関係性によってつかされていることの方が多いものです。つまり意思とは関係なくつかされてしまっているということ。

それに対して「おもしろい嘘」は自分が意思を持ってつこうとしている点も二つの嘘の大きな違いかもしれません。

だらだらと書いていたら終わりが見えなくなってしまいました。とりあえず考えていることの主要な部分は書けたと思うのでこの辺でやめておきます。

関連記事:ネットや机上よりも現場。そして、現場よりもリアル。

さいごに

最近発売されたキングコング西野さんの「新世界」をこないだ読みました。その中では色々な事例と合わせて「信用」の重要性が説かれていました。リアルで具体性があってとても読み易かったのであっという間に読んでしまいました。

読み終えた後の感想を短く言うと「信用を貯めなきゃ!」というよりも、「いくつになってもつまらない嘘はつかない人間でありたい」でした。

これ、とってもカッコいいことを言っていますが、難しいことも分かっているつもりです。だからこそ人生をかけて向き合っていきたいテーマでもあるんです。

それでは今日はこの辺で!

ABOUT ME
田中 新吾
マーケティング会社でキャリアを積み、現在はコミュニケーションデザインという領域で活動しているコミュニケーション・ディレクターです。チョコバナナが好物です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です