自己管理

幸せは「3つのつくる」からつくるもの。

どうも、田中新吾(@Shingo_tna)です。
巷ではタナシンとも呼ばれています。
こないだ、こんなツイートをしてみました。

要するに「余裕」と「幸せ」は因果関係にあるということを言いたかったのですが、これを機に考えたことについて書き残しておこうと思います。

安らぎ→余裕→変化→幸せ

自分がこれまで「幸せ」を感じたことをあらため並べて考えてみると、ほぼこのプロセスを経ていることに気付きました。

先のツイートでは「余裕→幸せ」という説明だったので、もう少し丁寧に説明するべきだったと、すこしだけ反省しています。

安らぎが余裕をつくり、余裕が変化をつくり、変化が幸せをつくる。幸せについて再考した結果「幸せ」とは「3つのつくるからつくるもの」だと捉えるようになりました。

「余裕」が「変化」をつくる

ぼくには「幸せ」とは「変化」であるという定義があります。

そして、幸せを感じる量は「変化度」が大きければ大きいほど感じる量も大きいという捉え方をしています。

たとえば、テストで常に100点を取っている人よりも、普段50点だけど今回は85点だったという人の方が幸せだと思うんです。

他にも、常にバズっている人よりも普段バズらないんだけど、たまにバズる人の方が幸せだと思うんです。

人間という動物には変化を嫌う側面が強くあります。変化というのは、今いるところから別のところに行くことなので、普通に考えたら面倒臭いし、怖いし、嫌ですよね。当然、今いるところにいた方が楽にきまってます。

変化にはこうしたネガティブな感情がつきまとうため、気持ちが焦っていたり、いっぱいいっぱいだと当然変化しようと思うわけがありません。

だからこそ、変化するためには「余裕」であることが必要なんです。中には余裕があっても変化しない人はいるかもしれません。でも、変化をしている人の特徴をみていると必ずどこかしら余裕があります。

お金だったり、時間だったり、余裕の持ちかたは色々あるけど、これらもひっくるめて「気持ち」に余裕があることが、変化を後押ししていると思うんです。

「安らぎ」が「余裕」をつくる

では「余裕」はどのようにつくるのか。それには「安らぎ」が必要です。

安らぎというのは、安全であること、安心すること、安定していることなど「安」が使われる状態だと考えればいいと思います。

たとえば、試験が上手くいかない場合の多くが「焦る」ことだと思います。

時間の経過とともに、余裕がなくなり焦ってしまい実力が発揮できなかった。という経験を一度や二度したことがあるのではないでしょうか。

一方、十全な仕込みをして望んだ試験については、焦ることなく「余裕」を感じながら最高のパフォーマンスができた。という経験もお持ちなのではないでしょうか。

これは仕込みが「安らぎ」を作り、安らぎが「余裕」をつくっているという、とても身近な例だと思います。

この他にも、暮らしのそこここに「安らぎ」と「余裕」の関係性を見ることができます。

「安らぎ」を主体的につくる

「安らぎ」のつくり方は色々あります。

説明するまでもありませんが、お金は経済的な安らぎをつくり、家族、そして親しい人間関係は、精神的な安らぎをつくります。

逆に、貧困という状態に安らぎはつくられませんし、孤立した状態にも安らぎがつくられることはありません。

最近流行りの「コミュニティ」は「安らぎ」を主体的につくる動きだと言えます。現在のコミュニティの起源となっている「コルクラボ」では「安全安心」をキーワードに掲げていますが、こうして自分の経験に結びつけて考えることで納得感が高まりました。

現代は「安らぎ」を主体的につくる時代だと言っても過言ではないと思います。

さいごに

そして、この3つのつくるからつくられた「幸せ」は「安らぎ」をつくります。

「安らぎ」の作り方は色々あると言ったのはこういうことです。

しかも、幸せによってつくられる「安らぎ」ほど極上なものはないと思っています。すべてのつくるが循環しています。

ちなみに「誰かを幸せにしたい」場合にもこの3つのつくるを意識するといいと思っています。好きな人、愛する人、企業でいけば顧客を、この流れに乗せてあげることを意識する感じです。

今までも、ちょいちょい「幸せ」についてのツイートをしてきたのですが、それらすべてがこのプロセスのどこかしらに当てはまっていることも再認識できました。

ちなみに、僕が大切にしている「根っこ」に関しても、「安らぎ」を得るためのものです。根っこがあるから余裕が生まれて変化することに挑戦できる。こういう独自のロジックです。

参考記事:ブログを作ったら整った。

こうして考えてみると、幸せという感情は戦略的につくるものだと思えてきます。

それでは今日はこの辺で!

ABOUT ME
田中 新吾
マーケティング会社でキャリアを積み、現在はコミュニケーションデザインという領域で活動しているコミュニケーション・ディレクターです。チョコバナナが好物です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です